これを見れば、今まで知らなかった切手の価値が見えてくる!!

切手の額面と価値の関係とは?

切手は葉書や封書と言った郵便物を相手先に送る時に利用する一種の金券で、先に郵便料金を支払うと言った特徴が在ります。 郵便局に出掛けたついでに数枚の切手を購入してストックをしていると言った場合でも、郵便料金を先に収めている事になると言う事です。 切手の買取りの中では額面を中心とした形で価値が評価される事が多いのですが、切手の額面は郵便料金を示す役割を持つもので、コレクションとしての切手の価値は額面よりも高いのか、それとも安いのかと言った評価が下されるのが特徴です。 但し、現在の通貨は円が利用されていますが、昭和初期頃までは銭や厘と言った通貨単位が利用され、それ以前では文などの通貨単位が利用されているなど、発行された時代により、額面に関係なく評価される事も在ります。

切手ブーム以前の切手の価値は?

切手買取りにおいての買取り価格は額面を下回るケースが多いと言いますが、額面が1銭や10銭と言った具合に、現在の通貨単位ではない切手の場合は額面に関係なく切手本来の価値に応じて評価が行われます。 尚、市場の中に多く出回っている切手は額面の50%程度にしかならないものも多く在るのですが、これは切手ブームが起きた1960年代以降の切手であり、ブームが起きる以前の切手の場合は高額で取引されるものもあります。 切手収集に置いての価値は切手の発行枚数が少ないもの、震災や戦争などにより焼失してしまい、現存数が少ないもなどに評価が高くつきます。 尚、発行枚数は切手カタログなどを利用する事で解るようになっていますし、切手カタログや切手販売を行っている通販サイトなどでは切手それぞれの価値がどのくらいになるのかの金額も明記されています。